0736-26-8646

大腸カメラ検査|和歌山県橋本市の内科・消化器内科 いわくらクリニック | 大腸がん 大腸ポリープ

0736-26-8646

大腸カメラ検査(下部内視鏡検査)

一般的に大腸カメラと呼ばれる検査機器は、多くは大腸内視鏡を意味します。当院では、この大腸内視鏡を用いた検査を行っております。主な目的は、大腸(結腸と直腸)の内側と小腸の一部内側の観察です。内容としては、肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの炎症、ポリープやがん、潰瘍などの病変を調べるために行う検査になります。また、ポリープやがんなどの疑わしい部位が見つかった場合は、生検のための採取を行うことも可能です。

大腸がんの早期発見のために

大腸内視鏡は、他の検査(バリウムなど)では識別困難な大腸の色調変化や粘膜面の変化を捉えることができ、小さなポリープの発見も可能です。胃がん同様に、大腸がんも早期発見早期治療が大切で、大腸内視鏡による検査は大腸がんを発見する検査として、とても有効です。

50歳を過ぎたら一度検査を

なお、大腸がん患者様の多くは50歳を過ぎた頃に発症されています。そのため、腸に何の症状もないという方も、50歳前後になられましたら、一度検査されることをお勧めします。

苦痛の少ない検査を行います

大腸をはじめとする消化管は曲がりくねった構造になっており、大腸カメラはその中を肛門から逆向きに入っていきます。そのため多くの方が検査中に腹痛やハリを訴えます。ご希望の方には、鎮静剤を使用するほか、検査時の苦痛が軽くなるアドバイスもいたします。
また検査前には消化管の中をきれいにする必要がありますので、下剤を服用していただきます。検査日が決まりましたら、食事内容や下剤の服用方法について説明いたします。

大腸カメラを受けた方がよいとされる方の症状

  • 血便
  • 便通異常(便秘・下痢)
  • 腹痛、腹部膨満感
  • 貧血を指摘されている
  • 顔色が悪いと言われる
  • 急激な体重の減少
  • 便潜血反応で「陽性」と出た
  • 大腸ポリープや大腸がんを治療した経験がある など

大腸カメラでの検査・診断が有効とされる主な疾患

  • 大腸ポリープ 
  • 大腸がん 
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病) 
  • 大腸憩室症(腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出した状態) 
  • 虚血性腸炎(大腸の血流障害によって大腸粘膜に炎症や潰瘍が生じ、突然の腹痛や下痢、下血をきたす疾患) など

大腸カメラ検査を受けるにあたって

まず大腸カメラを受ける日時を決定(予約)します。

検査日前日以降の注意点は以下の通りです

検査前日

  • ひじき、わかめ、こんにゃく、きのこ類など繊維質の多い食品、またイチゴやキウイなど種子の多い食品は、検査2日前から控えるようにしてください。
  • 夕食は午後8時頃までに、消化の良いものを軽めに摂り、早めに就寝するようにしてください。

検査当日

  • 検査が終わるまで、食事はしないでください(水は可、服薬は指示に従ってください)。
  • タバコは吸わないでください。
  • 自動車やバイク、自転車などを自分で運転してのご来院は控えてください。

大腸内視鏡検査の流れ

まず検査をするにあたり大腸をきれいにする必要があるので、2リットルほどの下剤(前日から下剤を飲む場合もあります)を数回に分けて飲んでいただきます。検査当日の大腸カメラの大まかな流れは以下の通りです。

1.ご希望の方には鎮静剤を投与(注射)

2.左側を下にしてベッドに横になり、肛門から内視鏡を挿入して検査を開始

3. 医師がモニターに映る大腸の内部を隅々まで観察(生検のための採取や腫瘍切除などの治療を行うこともあります)

4.一通り観察を終えたら検査は終了。検査時間は15分ほどです。

検査後の注意点について

  • 通常、飲食は1時間後から可能です。
  • 検査当日のお風呂はシャワー程度にし、車の運転や強度の運動は避けてください。
  • 検査終了後、気になる症状がある場合は、すぐに医師にご相談ください。
© いわくらクリニック

TOP